ゴミの整理と遺品整理資格

ゴミの整理と遺品整理資格

ゴミの整理は、毎朝頭の痛い問題です。捨てるゴミの整理・分別でへとへとになってしまって、必要なものの整理・分別をするところまで、体力も精神力も持続できなくなってしまうほどです。それほど、ゴミの整理というのは、人間のエネルギーを消耗する作業だと思います。人間の、と言ってしまうと、あまりにも一般化しすぎかもしれませんが、整理・片付けが苦手な人にとっては、ほんとうにそうだろうと思います。これは、生活していく上での他のことにもあてはまりますが、自分が苦手なことは、それを得意としている人にお願いしてやっていただくのがよいのではないでしょうか。ゴミの整理はゴミの整理が得意な人に、あるいは、ゴミの整理の専門業者にお願いしてしまう、という手です。そして、かわりに、自分は自分の得意な分野でお手伝いをしてあげる、あるいは、対価を払う、ということですね。人間は頼りあい、支えあって生きていくもの。上手に支え合い、利用し合えば、時間的にもゆとりのある、豊かに生活につながります。苦手なことに取り組むことは、時には必要なことですが、こと、ゴミの整理に関しては、人や、専門業者を頼って、できるだけ楽に行ってよいと思っています。

遺品整理資格に関して

遺品整理業には資格は必要ではありません。しかし、最近、遺品整理の資格としてはじめて、「遺品整理士」という資格ができたようです。これは、民間団体が独自の審査基準を設けて任意で与えている民間資格であり、国家資格の業務独占資格ではありません。その資格がないと遺品整理業を営むことができない、というような種類の資格ではありませんが、一定の基準をクリアした人に認定されます。遺品整理に必須資格があるとしたら、死別を体験した遺族の心情への理解、グリーフケアの知識かと思います。グリーフは、死別などの大きな喪失を体験した人の悲しみ・苦しみをさしています。そして、遺品整理をする資格・知識・経験を備えた専門業者であるかどうかは、死別を体験した人の悲しみ・苦しみ(grief)に対して、実際に作業をする人たちにどれだけの理解があるかというところではないかと思います。そして、「遺品整理」という作業が、遺族のグリーフワークにとってどれほど大事な作業であるかを、理解してくれる事が大切なように思います。遺品整理と看板を掲げている専門業者さんは皆、グリーフの勉強してくれていますが、もし心配であれば、遺品整理をする資格を備えている専門業者なのかどうか、問い合わせてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク
お勧めサービス




お勧めサービス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
お勧めサービス