遺品整理作業費用の決め方

遺品整理作業費用の決め方

作業の費用の決め方は各業者によって異なりますが、専門業者の代表的な費用の算出方法を2つ紹介します。皆様にとって、それぞれの費用の計算方法でより最適な算出方法を選択しましょう。見積り無料の業者が多くあります。そこで、どの見積り方法がいいか迷われている方や、似たような算出方法でも業者により見積り金額が違ってきますので、複数の業者で見積り依頼をしましょう。また、今回紹介する方法ではない業者もいますので、より良い見積り方法の業者をお選びください。

【作業費用以外に追加される可能性があるもの】

エアコン・冷蔵庫などの家電リサイクル法に基づくリサイクル料金、仏壇や神棚などの宗教的な物品の供養・処分、事故死・孤独死での体液・汚物の室内の特殊清掃・消臭作業など、通常作業の費用以外にこのようなものに対して追加費用が必要な場合があります。見積り時にて費用も算出してもらえますので、追加費用が発生しそうなものがあることも考慮しておきましょう。
【作業面積に対して費用を見積り】

この方法は作業範囲の場所の面積によって費用を見積りします。物件や、部屋の作り・間取りによって作業の面積は様々ですが、例えば、○○平方メートルにつき、△△,△△△円という形で見積りします。回収品や処分品の数が少ない場合は、比較的割高になってしまう場合もございます。ただし、故人様のご自宅・部屋に回収品などが多いケースにはよりよい見積り方法ではないでしょうか。

【ひとつひとつ物品に対して費用を見積り】

この方法はひとつひとつの物品に対し費用を見積りするものです。例えばタンス○,○○○円、ソファー×,×××円といった具合に見積りし、物品の多さによって加算されていきます。見積り内容も物品に対し金額が提示されます。

遺品整理の作業内容

少し前は、遺品整理といえば”便利屋”が作業するという印象を持っている方もいるのではないでしょうか。国内で2002年に初の遺品整理専門会社がつくられました。それゆえ、この専門業者の歴史は浅く、多くの皆様へ浸透しきれていないのも現状です。

【どのようなサービスが含まれるのか】

具体的にはどのようなサ-ビスが含まれるのでしょう。遺品整理という言葉は耳にしたことはあるが、実際にどういった作業をするのか知らない人もいらっしゃると思います。歴史も浅いため、作業内容が不透明だと不安を抱きやすいのかもしれません。一般的な作用では”故人の愛用品、日用品のなかから不要なものを分別し処分、またはリサイクルや買取をし、思い出の詰まったものは形見分けをする”というサービス内容になります。

【専門の業者が増加しています】

今日では遺品整理を専門とする業者が増加しています。遺品整理をしないといけないものは、生きていれば必ずでてくるものです。そこで専門知識をもった業者でないと、対処できないケースなどもあります。専門業者による専門的なサービスには特殊清掃・消臭などです。ここ最近では”生前見積り”をサービスとして扱っている専門業者もあります。万が一の時には身近な人たちに迷惑をかけたくないと思われる方、家族・友人などもいらっしゃらない一人暮らしのかたなどが”生前見積り”をご依頼されております。

スポンサーリンク
お勧めサービス




お勧めサービス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
お勧めサービス