遺品整理キーパーズさん

「遺品整理」「キーパーズ」

遺品整理の会社があることをご存知でしょうか。有名なところでは、遺品整理会社キーパーズさんなどがあります。遺品整理のキーバーズさんは、社長さんが本もたくさん書かれており(『遺品整理屋は見た!』)、また、さだまさしさんの小説、『アントキノイノチ』は、遺品整理会社・キーパーズの社長さんがモデルになっています。ドラマや映画にもなっていましたね。ネットでは「遺品整理」「キーパーズ」で検索するといろいろでてきます。また、遺品整理が緊急で必要なときのために、全国共通のフリーダイヤルがホームページ「遺品整理専門のキーパーズ」に公開されています。すぐに退去しなければならない場合や、遠隔地で自分自身がかけつけられない場合、死亡後日が経ってしまって部屋の片づけが必要な場合、遺品整理サービスを上手に活用できるとよいと思います。どんなことにまで対応してくれるのか、遺品整理会社によって対応サービス、得意分野が違いますので、問い合わせてみるとよいと思います。なお、「問い合わせる」という作業も、当事者のご遺族にとってはしんどいものです。適宜、身近な周囲の方が、ご遺族にかわって検索する、電話をかける、など、ご遺族をサポートできるとよいですね。

遺品の処分の方法をどうしようか

大切な方を亡くされた時、その遺品の処分の方法をどうしようか、いつ処分しようか、悩んだ経験をお持ちの方は大勢いらっしゃると思います。遺品の処分の方法を考えるということを、多くの人は平時にはなかなか経験しませんし、遺品の処分の方法について、周囲の人と話し合うこともあまりなかったりしますので、死別に直面してはじめて考え、人にも相談しづらいまま、一人で悩んでしまいがちなのだと思います。ものにもよりますが、「処分すること」=「ゴミとして出すこと」というイメージがあり、抵抗感を持たれるかもしれませんね。いつまでも手元に置いておけない環境もあるかもしれません。また、誰かにもらっていただくことができれば、それが一番良いのかもしれませんが、どなたにもらっていただいたらよいのか、それを欲しいと思う人は誰なのか、誰に差し上げたら大切にしてくださるのか、遺品の処分先・方法に悩んでしまうことも多いのかと思います。遺品の処分の方法について、相談に乗ってくれる遺品整理業者がありますので、相談なさってみるのもよいかもしれません。ただし、手放してしまったことを後悔されることのないように、遺品の整理は、慌てず、十分に納得してから行いましょう。

スポンサーリンク
お勧めサービス




お勧めサービス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
お勧めサービス