遺品整理と向き合う場合の選択肢

大切な方、親しい方が亡くなられて遺品整理をしなければいけない時がやって来るということは、生きていれば必ずといっていいほど訪れる時があります。

ただ、あまりの悲しみのために手がつけられなかったり、遺品を眺めているだけで涙が止まらなくなってしまって、整理をしなければいけないとは思っていても出来なかったり、整理をしようと思っていても故人の遺品があまりにも多すぎて一人で整理するには手が足りない、時間がないという場合など、実に様々な理由で遺品整理が進まないという場合があると思います。

特に大事な方の遺品整理ならば何年かかっても自分一人、または家族や兄妹だけで少しずつ整理するというのは思い出にもなりますし、遺品一つ一つを整理しながら故人を思い返す機会にもなります。

悲しいことはあっても悪いことではないですし、良い選択肢だとは思います。

遺品整理に関しては特段これといったルールがあるものではないので、まだ使えそうなものは家族内で分けあったり、使ってもらえる親戚や友人、故人に親しい人に分け与えるというのもいいと思いますし、もう使えないもの、家族や友人でも利用する人がいないという場合はインターネットのオークションに出すとか、ある程度まとまったものならリサイクル店や買い取ってくれる店に売るというのも手です。

仏壇や神棚というものの処分を、どうすればいいのかということが気がかりな方もいるかもしれませんが、仏様や神様の仮住まいという場所なので、廃棄に関してそこまで気を遣うことはないんですが、気になるのであればお寺や神社で閉眼法要やお焚き上げをしてもらいましょう。費用はそれほど高額にはならないはずです。

問題は、故人があまりにも多くの物をもっていたり保管していて、自分や家族だけで遺品整理をするとどれだけかかるかわからないとか、どうしても時間をとれないという場合、整理をしたいと思っていても手が出せないでいる場合などです。

そういう場合は遺品整理を中心に行っている業者にお願いするのも手です。遺品整理業者にお願いすれば、ワンルーム分ぐらいなら数時間、部屋数が増えたり遺品の量が増えても一日あればほとんど対処してくれるはずです。

遺品についてのノウハウと経験を積んだ集団なので安心して任せられますし、細かな所まで相談にのってくれたり、遺品整理をする側の気持ちを汲みながら作業をしてくれるので満足のいく遺品整理をスピーディに実現できるはずです。

遺品整理をせず、出来るだけ故人が暮らしていたままの状態を保存するというのも一つの手です。

遺品整理をする時期が定められているわけでもないですし、焦らず、悲しみに溢れている気持ちの整理を待ってから、ゆっくりと遺品整理に向けて行動に移してもいいのです。いずれにしても、後悔のない遺品整理を選択していきましょう。

スポンサーリンク
お勧めサービス




お勧めサービス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
お勧めサービス