遺品整理専門の業者に頼むことで負担をかなり軽減することができる



【遺品整理口コミ比較こころん】ブログをお読みいただきありがとうございます。ブログ記載担当の「やまだ」です。
今回のテーマは「遺品整理専門の業者に頼むことで負担をかなり軽減することができる」についてです。

遺品整理専門の業者に頼むことで負担をかなり軽減することができる

一人暮らしをしている高齢者が亡くなると、離れて暮らしている家族が遺品整理をしなければならないのですが、それはとても手間です。

近くに暮らしていてくれるなら良いのですが、家に行くまでに数時間かかるような場合は、お葬式などにまとまった休みをとってしまうと、それ以上休みをとれなくなってしまって、遺品整理がいつまでも終わらなくなってしまうということも考えられます。

また、遺品を整理する側も、高齢者になってきてしまうと、これが重要な品物なのか、どうでもよいものなのかという判断をするだけでも大変な苦労です。

そうした状況を受けて、遺品整理専門の業者も多く現れるようになってきました。専門の業者に頼むことで負担をかなり軽減することができます。

ですが気をつけなければならないのは、良い業者ばかりではないということです。

遺品を不正に安く買い叩こうとする業者もいるのが現実です。人の死が関わってくることなので、そう何度もないことだから強く言わずにおくか、という心理を悪用しているわけです。

ですから、故人が生前楽しんでいた趣味の、価値のわかりにくいものの取り扱いには特に注意が必要です。

遺された家族が行う遺品整理

親戚の女性が無くなって間もなく1周忌となります。
突然ともいえる急逝で大騒ぎとなりましたが、とりあえず葬儀を終え納骨を済まして一段落を終えました。

しかし、彼女の遺品整理をすることになりましたが家には息子ばかり3人で、下着類は従兄弟の女性に処分を頼み、その他は欲しい人が形見分けとしてもらい、私はなぜか眼鏡の度数が近かったために眼鏡を形見分けとしてもらいました。

葬儀業者からは遺品整理袋なるものが入っていましたが、その袋に収まるもの1袋幾らかで処分してくれるというものでしたが使わなかったようです。

彼女が仕事で使っていた車は次男が引き継いで乗るようになり、大まかな遺品は整理がついていったようです。

それでも、息子たちに久しぶりにあって話を聞いてみると、いまだに母親の物が何かしらでてきて、この間もまとめてゴミに出したといっていました。

庭いじりと植物が好きな人でしたが、手入れされないままに多くの植物は枯れてしまい、庭も殺風景となってしまっています。

これが娘でもいれば多少母親の遺品も残ることもあるのでしょうが、家の中からは彼女の面影や臭いは更に薄れてゆく事になりそうです。



スポンサーリンク
お勧めサービス




お勧めサービス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
お勧めサービス